峠ソムリエ検定 演習問題

86 ACADEMY「峠ソムリエ検定」合格を目指す演習問題。
検定の傾向を知り、対策を立てるために活用しよう。
正答チェックにとどまらず、解説文を熟読して峠の知識を深めるべし。

  • 86 ACADEMY「峠ソムリエ検定」に申し込む
86 SOCIETY

------【問題 1 】------

投票によって“2012年度 86選定峠”に選ばれた峠は、全部で何カ所か。

  1. 50箇所
  2. 86箇所
  3. 120箇所

【正解】2h4>

TOYOTA 86がセレクトした120個の峠からなる“86 峠セレクション”。その中から投票によって選ばれた86個の峠が“2012年度 86選定峠”である(投票期間2012年4月26日~6月30日)。1位に輝いたのは滋賀・岐阜県の「伊吹山ドライブウェイ」、2位は神奈川県の「TOYO TIRES ターンパイク」、3位は京都府・滋賀県の「山中越」。ちなみに、兵庫県の中で近距離に位置する「表六甲ドライブウェイ」と「裏六甲ドライブウェイ」は、“表”が71位、“裏”が20位と、「裏六甲ドライブウェイ」の方が順位が高い。

86 SOCIETY

------【問題 2 】------

高級宿に特化する旅行サイト「一休.com」では、TOYOTA 86の試乗体験付き宿泊プランを販売している。○か×か。

「 〇 」 or 「 × 」

【正解】〇

高級宿に特化する旅行サイト「一休.com」では、TOYOTA 86の試乗体験付き宿泊プランを販売している。86は、宿泊の特典として、宿付近のトヨタレンタリースで借りることができる。店舗によって、86のグレードやカラーは異なる。

86 SOCIETY

------【問題 3 】------

TOYOTA 86が提唱する“大人の峠ドライブ”が行われる時間帯はいつか。

  1. 早朝
  2. 正午
  3. 深夜

【正解】1

TOYOTA 86は、大人のスポーツカーファンへ「早朝ドライブ」を提唱。そのサポートのために、2012年10月1日から12月14日までの期間限定で「TOYO TIRES ターンパイク」のビューラウンジサテライトで“86 PIT HOUSE”を営業した。早朝ドライブの後に仲間と語り合える空間を目指し、平日は8時30分から、土曜・日曜は7時からオープン。施設内中央に鏡のブロックを置いて差し込む朝日を反射させる、という空間演出を施した。また、「早朝ドライブを楽しむ人においしい朝食を味わってほしい」と、フレンチトースト専門店「LONCAFE」とコラボレーションした。

86 SOCIETY

------【問題 4 】------

2012年秋から冬にかけて、“86 PIT HOUSE”が期間限定オープンしていたのはどの峠道か。

  1. えびのスカイライン
  2. TOYO TIRES ターンパイク
  3. 伊吹山ドライブウェイ

【正解】2

“86 PIT HOUSE”のコンセプトは、「大人のための健全な早朝ドライブを提案すること」。2012年10月1日から12月14日までの期間限定で、「TOYO TIRES ターンパイク」(神奈川県)のビューラウンジサテライトで営業した。早朝ドライブの後に仲間と語り合える空間を目指し、平日は8時30分から、土曜・日曜は7時からオープン。施設内中央に鏡のブロックを置いて差し込む朝日を反射させる、という空間演出を施した。また、「早朝ドライブを楽しむ人においしい朝食を味わってほしい」と、フレンチトースト専門店「LONCAFE」とコラボレーションした。

86 SOCIETY

------【問題 5 】------

2012年に「86S J001」が開催された峠道はどこか。

  1. ビーナスライン
  2. TOYO TIRES ターンパイク
  3. 本宮山スカイライン

【正解】2

「86S」とは、スポーツカーファンの集いの場である。第1回目は、神奈川県の「TOYO TIRES ターンパイク」で行われた。抽選で選ばれた86台のTOYOTA 86、そしてそのオーナーたちが集まり、夜明けのドライブや、道路上でのブランチを楽しんだ。

ルール・マナー

------【問題 6 】------

“大人のスポーツカーファン”が心がけるべき峠の走り方はどれか。

  1. ドリフトターンの美しさ
  2. 最速タイムを目指した走り
  3. 同乗者の快適性

【正解】3

峠のコーナーをドリフトで駆け抜けたり、公道で最速タイムを目指して走るのは危険。同乗者に不快感や疲労を与えない運転を心がけるべきである。ドリフトやタイムアタックをする場合は、サーキットに行くべし。まずは、ライセンスがいらない走行会に参加するのがよい。TOYOTA 86は、フルノーマルの状態でもスポーツ走行を楽しめるクルマである。一度はサーキットを走ってみては。

ルール・マナー

------【問題 7 】------

細い坂道でのすれ違いは、原則的に上り優先(下るクルマが停止)である。○か×か。

「 〇 」 or 「 × 」

【正解】〇

交通の方法に関する教則で、「坂道では上りの発進が難しいため、下りの車が上りの車に道を譲るべし。しかし、近くに待避所があるときは、上りの車でも待避所に入って待つべし」と定められている(急勾配や雪道では下りの方が制御が難しいため、下りの車を優先する場合もある)。ルールとマナーを守って安全なドライブを楽しもう。※すべて交通状況による。

ルール・マナー

------【問題 8 】------

フォグランプの効果として、間違っているものはどれか。

  1. 他のクルマに自分の存在を知らせる
  2. 自分の視界を広げる
  3. 警告音を出す

【正解】3

フォグランプは、霧など悪天候で視界が悪いときに点灯するライト。遠くを照らすヘッドライトとは違い、自車の周囲を広く照らす特性を持つ。濃霧の中では、ヘッドライトの光は乱反射して見づらくなってしまうものだが、フォグランプを点灯すれば、周囲の視界が確保されるだけでなく、他車からの視認性も向上させることができるため、安全性に寄与する。峠をよく走るドライバーなら、装備しておくべし。ただし、対向車や前車に眩惑感を与えてしまうため、晴れた市街地でフォグランプを使用してはいけない。なお、フォグランプは、TOYOTA 86ではGT、GT Limitedに標準装備される。

ルール・マナー

------【問題 9 】------

霧が出ている時には、クルマのライトをハイビームにした方が安全である。○か×か。

「 〇 」 or 「 × 」

【正解】×h4>

霧が出ているときにハイビームを使用すると、光が霧に乱反射してしまい視界が極端に悪くなってしまう可能性がある。万が一、峠を走行中に濃霧に遭遇してしまったときは、周囲の車両に自分の存在をアピールするためにも速やかにヘッドライトを点灯させ(フォグランプのある車両はフォグランプも)安全に走行できる速度までスピードを落とすべし。ガードレールやセンターライン、前走車のテールランプなどを目印にするのも有効。あまりに視界が悪い場合は無理をせず、安全な場所に停車して霧が晴れるのを待つべし。

ルール・マナー

------【問題 10 】------

登坂車線は最低速度規制が適応されない。○か×か。

「 〇 」 or 「 × 」

【正解】〇

普通道路では縦断勾配が5パーセント、高速道路では3パーセントを超える車道に、必要に応じて本線車線の左側を拡幅して設置されているものが登坂車線である。急勾配によってやむを得ず速度が低下してしまう車両のために設けられているため、高速道路などで設定されている最低速度規制の対象にはならない。なお、高速道路上の登坂車線は付加車線扱いとなり、最高速度は60km/hになるので注意。また、走行車線の車両を追い抜くために登坂車線を利用することは、追越し違反となる。